Vラインの処理3つの方法

VIO脱毛クリーム,ハイジニーナ おすすめ,ハイジニーナ 自己処理
Vラインの脱毛はミズキを着るときだけではありませんね。
可愛い下着を着たいときや、旅行などでもボーボーナノは気になります。
でも、Vライン脱毛が自信をもってできているという人は多くはありません。

 

・Vラインの処理をしたいけれど上手にできるコツが知りたい。
・Vラインはすぐにチクチクしてきて処理が大変
・Vライン脱毛でエステに行くのは恥ずかしい!自宅で簡単に綺麗になる方法を知りたい

 

Vラインはネットや口コミなどではエステで行っている人が
殆どのように書枯れていることもあります。

 

しかし、アンダーヘアの部分であるVラインの処理を
他人に見せっるのは恥ずかしいと思っている人も少なくないですね。

 

Vラインを安全に、綺麗に、手間なく処理できる方法を3つご紹介します。

Vラインの処理準備

Vラインを整えるときにほとんどの人が
下着からとか水着から見えない程度に処理しています。

 

実際に形を考えているというよりも
結構いい加減で

 

こんなもんでいいかな〜

 

位な気持ちで整えているのではないでしょうか?

 

実は、Vラインは色々な形があり、まずはそれを決めておくことが取っても重要なのです。

 

きちんと形を整えておけば多少伸びてきても

 

綺麗なVラインを保てます。

 

 

Vラインの形は主に下記の種類があります。
VIO脱毛クリーム,ハイジニーナ おすすめ,ハイジニーナ 自己処理

 

ミュゼプラチナムより引用

 

最も人気があるのが逆三角形
あまり人気がないのがI型です。
また、全処理したいという人も年齢に関係なくいるようですね。

 

 

Vラインを整える3つの方法

VIO脱毛クリーム,ハイジニーナ おすすめ,ハイジニーナ 自己処理
Vラインを処理するためにはいくつもの方法があります。

 

多くの人が行っているのが「剃る」方法でしょう。

 

しかし、この方法は「すぐに伸びてしまう」ことが問題点です。
伸びた毛先はつんつんしているので下着から見えてしまうことも!
また「カミソリ負け」したり、肌荒れも心配ですね。

 

 

そこでおすすめのVライン処理方法です。

 

脱毛クリーム

脱毛クリームは成分が強いので、アンダーヘアには使えないものもあります。
しかし、天然素材を使用している場合は、IラインやOゾーンは心配ですが
Vラインは使えるものもあります。

 

毛根からしっかり溶かしてくれる脱毛クリームを選ぶようにしましょう。

 

 

脱毛ワックス

毛根からしっかり抜きますので、
ツルツル時間が長い
仕上がりが美しい
肌荒れしにくい
というメリットがあります。

 

しかし、慣れないと痛みとの戦いになります。
コツをつかむと2回目からはかなり処理が楽になります。

 

カットする

はさみでカットすると毛先がとがってしまいます。
ヒートカッターで焼き切るようにすると毛先が丸くなり
伸びてきてもチクチク感が少なくて済みます。

 

痛みがなく簡単に処理できます。
肌への影響もほとんどありません。

 

しかし、伸びるのが早いので、まめな処理が必要です。